最高に美味しいカニの料理方法!

カニの料理方法をご紹介します。

 

  1. 【茹でカニ】

    最もポピュラーな調理方法です。生のカニを自分で茹でてアツアツをいただくと、冷凍カニとはまるで違ったカニ本来の美味しさが味わえます。

     

    カニがかぶるくらいの塩水(水1リットルあたり塩30gを入れた3%塩水)を入れ、沸騰したら甲羅を下にしてカニを入れ落し蓋をします。

     

    再沸騰後、15〜20分茹で、カニのまわりについたアクを洗い流して出来上がり。

  2.  

  3. 【焼きが二】

    茹でガニはどうしてもお湯に旨味が出てしまいますが、焼きガニは旨味がそのままぎゅっと閉じ込められて、カニの味の濃さに驚きます。

     

    生ガニの爪、足をキッチンバサミや包丁で根元から切り離し、足の殻は包丁でそぎ落とします。難しい場合は、縦半分に切ってしまってもいいでしょう。甲羅はふんどしをはずし、ふんどしについている味噌も甲羅に入れます。

     

    食卓で七輪で焼くと目にも楽しいですが、ない場合は、切り口を上にして足と甲羅をオーブン、またはグリルに並べ、5〜10分焼きます。

  4.  

  5. 【カニ料理あれこれ】

    殻を取り除いてある剥き身やポージョンはさまざまな料理に使えます。生のカニなら、カニしゃぶやカニステーキなど、さっと火を通していただくと、カニのジューシーな甘みが楽しめます。

     

    かにたま、チャーハン、カニスパゲティ、カニクリームコロッケ、カニサラダ、茶碗蒸し、シューマイなど、普段の料理が、カニが入っただけで、見た目もぐっと豪華になりますよ。